屋根塗装👷‍♂️必要性

ブログ 2024.03.26

屋根の汚れが目立ってきた…

雨漏りするようになった…

そろそろ屋根の塗装をするべきなのか?

まず、塗装は必要なのだろうか?

と、お考えではないでしょうか?

屋根は紫外線・雨・風などから家を守る役目を果たしています✨

過酷な外部環境の影響を直接受けるため、

痛みやすく劣化の進行が早い箇所です😣

ですが、普段頻繁に目にする所ではないため、

劣化の進行に気づきにくいのです😣

屋根の劣化を放置すると雨漏りが進行し、家の内部が腐食し、

耐久性を下げてしまう恐れがあります。

とはいえ、どんな基準で屋根塗装を行うべきなのか

注意しておくべきポイントをまとめてみました✨

  • 屋根塗装の必要性
  • 屋根塗装の耐用年数
  • 屋根塗装の方法と工程

⭐屋根塗装の必要性

屋根塗装の必要性は、大きく分けて3つです!

・美観の維持

・屋根材の保護

・機能性の向上

屋根材の紫外線や雨、錆の発生に対する耐久性が高くないので

塗装による保護が必要です!

屋根材の劣化を防ぎ、屋根の寿命を延ばすことができます✨

⭐耐用年数

※耐用年数とは、、、

塗料の機能・効果が十分に発揮できる目安の時期を指します✨

塗料の原料で、機能・効果・耐用年数が変わります。

塗料の種類特徴耐用年数デメリット
アクリル樹脂系塗料汚れやすく耐用年数が劣るが、
建物の耐用年数を考えず、
短期間で塗り替えをする場合に

適している。
約3~5年耐久性が有効な間は防水性が
あるが、外壁保護目的には、
不向き。
ウレタン樹脂系塗料防汚性・施工のしやすさに優れ、
ひび割れ防止の注入剤としても
機能する。
約5~7年耐用年数が劣る、長期的な
外観維持には不向き。
シリコン樹脂系塗料耐久性に優れ、
カラーバリエーションも豊富。
約7~10年十分な耐久性はない。
長期的な保護には、不向き。
フッ素樹脂系塗料塗膜の寿命が非常に長い。
雨筋などによる汚れを防止し
外観の美しさを保つ。
約10~20年価格が高め。塗膜が硬いもの
が多い。
無機塗料無機であるガラスを塗料に
混ぜ込むことで超耐久性を
実現した塗料。
屋根などに使用することが多い。
約10~20年価格が高め。塗膜が硬いもの
が多い。
ピュアアクリル塗料高耐久性・高弾性・防水性
に非常に優れている。
約10~20年トータルメリットは大きいが
コストが高め。
純度の高い樹脂を使用した
水性塗料。
光触媒塗料塗るだけで太陽光や雨などの
自然の力で綺麗になる。
セルフクリーニング効果がある。
約10~20年コストが高い。
光が当たらない箇所では

効果が薄くなる。
塗膜が硬いため、モルタル
には、不向き。

屋根の劣化には、主に

色落ち・苔やカビの繁殖・ヒビ・欠けやズレ・隙間が広がる

上記が屋根の劣化症状です😣

屋根塗装は、大切な家を長く守るために行うもの。

「耐用年数×コスト」のバランスを考えて、無理のない予算で

長く家を守るプランを選びましょう😊

屋根は、ご自身では中々見えない場所なので、

定期的な、点検をしてもらいましょう!

×